資格試験用の勉強を朝にやる時のコツと注意点(忙しいサラリーマン向け)

   

Pocket

朝の時間を有効活用して資格試験突破!!

こんにちは!サイト運営者のこつ男です。

 

今回のお話は、

「資格試験用の勉強をにやる時のコツと注意点」

です。

特に、普段お仕事をしている忙しいサラリーマン向けに役立つ内容を提供できればと思います。

 

社労士試験受験生の多くは、普段仕事をしながら受験をするという方が多いと思います。

私こつ男も、社労士試験の受験1年目と受験2年目の途中まで、税理士事務所に勤務しておりました。

朝の8時過ぎには出社して、夜は7時ころまで仕事をしてヘトヘトのまま帰宅という生活。

こんな状況で、なかなか帰宅後に試験勉強をしたくてもスイッチが入りませんよね(汗)

土曜日と日曜日に平日の遅れを取り戻そうとしますが、時間が足りなさ過ぎてそれはとても難しいと途中で気づきます。

そこで、「出社前の朝の時間をうまく使って勉強できないか?」と考えました。

書店やアマゾンでも朝早くに起きての勉強、いわゆる「朝勉」の書籍はたくさん売られていますので、1つ2つ購入して熟読。

合格するためには、背に腹は代えられぬという思いで、苦手の早起きをし、勉強に取り組んでみたのです。

その時の経験をもとに、以下で朝勉のポイントなどをまとめてみました!

 

朝の勉強は、過去問や問題集を解くといったアウトプットが良かった

①まずは無理のない時間に起床すること

起床時間を決めましょう。私の場合、朝の4時50分~5時00分ころを設定しました。

幸いにも職場が車で10分圏内であったことから、起床後2時間+αくらいは勉強できました。

一時、4時起きとかにもチャレンジしましたが、それはさすがに無理でした。きつ過ぎます(汗)

無理をしては日中の仕事に支障がでますので、あくまでも無理のない時間に起きるのがおすすめです。

 

②ご褒美を準備しておく

早起きってとても大変なので、「早起きすれば○○できる!」という自分がうれしいご褒美を準備できたら最高です。早起きが苦になりません。私はコーヒーが好きなので、毎朝スタバのドリップコーヒーを飲めるように準備しました。

 

③すぐに勉強できるように問題集等を広げておく

朝起きて、勉強に取り掛かれるまでに準備することがたくさんあるとやる気が出ません。

そこで、寝る前に、次の日の朝起きたらすぐに勉強できるように準備しておきましょう。私の場合、いつも問題集や過去問を開いてすぐに取り掛かれるようにして寝ました。

 

④朝は、テキストなどの読み込みよりも、問題集・過去問集・一問一答など、問題演習がgood!

朝起きるとそうはいっても眠気があります。そんな時、基本テキストをじっくり読むのは地獄です。次第に眠気が増してきて、布団へ逆戻りとなってしまいます。

朝起きて勉強をする場合には、問題演習などのアウトプットが良いです。基本テキストの読み込みよりは能動的な作業となるため、眠気も抑えられます。

 

⑤可能であれば、平日の夜はインプット、平日の朝はアウトプットのサイクルを作る

朝勉の書籍を読みますと、どうやら人間は知識を詰め込んだ後に寝ると、寝ている間に詰め込んだ知識が頭の中で整理されより定着しやすいようです。これを活用しない手はありません。

そこで、会社からの帰宅後の勉強は、短時間になりますが、知識の整理等、インプットの勉強をすることをおすすめします。

眠くなるまで知識を詰め込んで(インプット)、眠くなったらもう寝る。

朝起きたら、問題演習(アウトプット)を行う。

私も平日の勉強サイクルは、このパターンにしました。平日の勉強時間はどうしても短くなってしまいますので、いかに効率よく勉強できるのか、上記の理にかなった勉強サイクルを守るように意識しました。

 

早朝勉強を始めた当初は眠くて大変だった・・・

忙しいサラリーマンにとって、朝の時間を有効に活用し、資格試験の勉強を進めることはとても効果があることといえます。

ただ、朝勉の一番の敵は、

眠気

です。

こればっかりは仕方ないですね(汗)

 

私の場合も、試験の3か月前にやっと平日勉強のサイクルが確立しましたが、それまでは、

朝勉の3日坊主を何度も繰り返しました。

時には、朝起きて、机の前でウトウト・・・

そのまま机の上でうつぶせになって寝ることもしばしば。

なかなか朝勉は切羽詰まらないとできないのが現実でした。

 

一番よくなかったことは、朝勉をしたことで、日中の仕事がいまいち調子が悪かった時期です。

 

私は税理士事務所勤務で、日中は担当する法人を訪問し、月の仕訳をPCに打ち込むなどの作業を行うのですが、眠気と格闘しながらの仕事をせざるをえなかったので、なかなか仕事が捗らず大変な思いをしたこともしばしばありました。

 

それでも、「合格したい!!」という気持ちが試験に近づくにつれて大きくなっていったので、

なんとか乗り切った感じです。最後はもはや気合ですかね。

 

今回朝勉のお話をしましたが、

自分は夜型!!

というひとは、無理に朝勉をしなくてもいいかと思います。

要は、「いつ勉強すれば一番はかどるのか」が大事ですので、自分が一番得意とする時間(朝・昼・晩)に勉強できれば、これ以上いいことはありませんね。

 

社労士試験に向けて頑張りましょう!!

 

~回顧録~

約6年前、早朝勉強をしているこつ男を見つけた妻が、後の記念にと撮影した写真。

あの頃は頑張ってたな~!(今も頑張ってますが…)

 

 

 - 社労士試験合格体験談